「開成中」入試欠席者続出? 最難関中学の受験者がここまで減った理由とは〈dot.〉(AERA dot.)

AERA dot.
「開成中」入試欠席者続出? 最難関中学の受験者がここまで減った理由とは〈dot.〉(AERA dot.)
[紹介元] AERA dot. – Yahoo!ニュース 「開成中」入試欠席者続出? 最難関中学の受験者がここまで減った理由とは〈dot.〉(AERA dot.)

開成中 入試欠席者続出 最難関中学の受験者がここまで減った理由とはdot

基礎知識を問うものがほとんど開成中の社会ですが、この2年で著しく難化しています。今後も同様の傾向が続くと想定し、スーパー講座では「東京問題」や「表・グラフの読み取り問題」などを中心に得点力を磨きます。したがって、基礎・標準レベルの問題は難なくこなせることが参加条件となります。また、開成中は過去に出題された事項の再出現率が高い学校でもあります。これまでの入試問題を徹底的に研究し、想定される出題については確実にカバーしていくことも本講座のねらいです。

開成中の国語出題は、文章読解の大問が1題の年と2題の年があり、2017年・2018年は2題出題の年でした。解答欄はマス目のない1~2行の短いものが定着しました。これは、最重要ポイントを絞り込み、核心部分のみを端的に表現しきる力が求められていることの表れです。また、出題文の内容は、家族・友人間の心理的葛藤、脱近代価値の探求、正義感、弱者への愛着、自然への畏敬…と多岐にわたり、それをもとに問われる心情・要点は、単純化された一般論では割り切れない、緻密で高度なものです。開成中の対策指導は、何よりもまず、この内容・形式に完全順応することを主眼とします。納得いくまで、共に書き直しをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました